フリーランスは結婚して活躍場面を増やせる

会社員のように毎月の給料がないと生活していくのが不安だという理由から、結婚について踏み切れないフリーランスの方がいるかもしれません。しかし、考え方一つで夫婦になった方がいいという結論が出てくる可能性があります。自分がフリーランスとしてやっていく場合には、実際に自分が強みを持っている業務以外にも、確定申告や事務用品の発注、そして受注受付の電話対応やスケジュール管理、さらには営業活動までをすべて一人で対応する必要があります。

もし、本業部分について協力してくれるパートナーがいるとすれば、それは大変心強いことでしょう。本業以外の部分をそのパートナーがサポートしてくれることで本業に集中できるのなら、フリーランスとしての自分の活躍場面はさらに広がっていくことでしょう。結婚することでこの強力なサポートを配偶者に求めるという選択肢もあるのではないでしょうか。
もちろん、配偶者の考え方や夫婦になった後の過ごし方の希望によりますが「二人で力を合わせて事業を進めていきたい」「是非サポートしたい」と考える配偶者がいるかもしれません。そういった考え方や結婚生活を思い描けるのであれば、定期収入が入らないことを不安がるのではなく、夫婦になって一緒に生活と仕事を共にしていくという未来があるはずです。配偶者も、自分の存在が相手の業務範囲と活躍場面を広げることに繋がると思えば、合意をしてくれる可能性は高いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です